刺青除去の疑問

刺青除去に対する疑問はありますか?費用や除去箇所等、聞きたいことは色々あるかと思います。 - 刺青除去の疑問や不安

新着情報

◆2015/06/19
刺青除去の疑問や不安の情報を更新しました。
◆2015/06/19
プロフィール紹介の情報を更新しました。
◆2015/06/19
サイトマップの情報を更新しました。
◆2015/03/02
刺青除去で刺青は完全に消えるの?の情報を更新しました。
◆2015/02/18
知っておきたい刺青除去の方法2の情報を更新しました。

刺青除去の疑問や不安

今や刺青はファッションにもなっている風潮もあり、誰もが気軽に入れることが可能です。
刺青を入れる動機はさまざまだと思いますが、除去を希望する場合もあるかと思います。
以下は例えです。
就職や仕事の面で刺青が不利になってしまった。
刺青で結婚に支障が起きてしまった。
出産する前に刺青を消したくなった。
プールや銭湯などの公共施設で入場禁止になっていて、家族で楽しめない。
など、年齢や時代や環境の変化によって気持ちは変わります。
最近ではクリニックでの刺青除去の技術も進歩しています。
それに伴って多くのクリニックも存在します。
まず、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。
yyrs刺青除去の方法としては、大きく「レーザー」「剥離」「切除」「植皮」があります。
どの方法が適しているかは、刺青の深さや範囲、色、部位によって異なってきます。
最初に信頼できるクリニックでしっかりカウンセリングをしてもらってください。
最近ではカウンセリング無料のクリニックも多くあります。
刺青除去というと「どんな方法で除去するか」「痛いか」「値段は高いか」「跡にならないか」「除去の期間はどれぐらいか」などの疑問や不安もあるでしょう。
刺青除去の施術はもちろん素人ではわからないことが多々あります。
料金に関しても美容整形と同じで、保険適用外なので高いと思われる方もいらっしゃると思います。
しかし医療ローンを組めるクリニックもありますし、施術料金はもちろん麻酔や薬代、アフターケアなど施術以外の料金も含めてカウンセリングで確認しましょう。
事前に疑問や不安を取り除いて、ご自身の納得のいく方法を施術することが大切です。
「レーザー」の刺青除去は安く取りたい方に適しています。
刺青にレーザーを照射ことで色素を破壊して徐々に薄くしていく方法です。
肌のシミにレーザーを照射して、薄くする治療と同じです。
黒・青の刺青に限られていましたが、最新機種では暖色にも対応します。
しかし深い刺青はレーザーが反応しません。
また広範囲で色が濃い場合は5〜10回の照射になり、期間も半年〜1年と長期間になります。
単一色の浅くて小さい刺青にお勧めです。
肌の質によっては1回で思うような結果にならないこともありますが、およそ1〜2回の照射で終了となります。
皮膚への負担が少なく、痛みはゴムで弾く程度とされています。
他の除去方法と違って施術後の跡が残りませんが、完全に刺青を除去するというより薄くして目立たなくするとお考えください。
料金は他の方法に比べてリーズナブルなお値段です。

「剥削術」の刺青除去は傷跡が目立たないように取りたい方に適しています。
刺青の入っている部分とその周囲の皮膚を削って刺青を除去する方法です。
ですので、元もとの刺青の形が目立たなくなります。刺青を消したいという方、刺青除去で自然な肌を手に入れよう!!昔の肌を取り戻しましょう。
どんな色の刺青でも、そして、ある程度の広い大きさの刺青でも対応できるので、1回の施術で除去ができます。
皮膚を削ってしまうので、施術後の後はアフターケアが大切となります。
こまめな消毒をしながら、徐々に皮膚を乾燥させていきます。
完全に乾燥するまでは長くて6カ月を要します。
施術後の赤みは薄れていきます。
傷跡はありませんが、完全に施術の跡が残らないとは言えません。
薄いアザや火傷の跡のようになることもあります。